#026 リンカーンってどんな街-3 UK 最古のクリスマスマーケットに行ってみた リンカーン Lincoln X'mas market

 (前回告知した通り)イギリスのクリスマスマーケットに行ってみました!



クリスマスマーケットはそもそもなんなんだろう?とちょっと調べてみたところ、

一般的にクリスマス時期(12月)に野外に並ぶ、市場や屋台のようなお店のことを指して、4日くらいで各都市を同じようなお店が行脚するようです。そのため各都市4日程度開催。

クリスマスのライトアップをくぐりながら、大聖堂とお城がある会場へ

そして、たーくさんの人がそれに出かけて、クリスマスっぽい食べものと品々のお買い物を楽しむ機会のようです!イギリス観光しながらクリスマスマーケットも一緒に楽しむのはとってもいいかもしれませんね☆日本ではないですし。


本物のドライフルーツでが付いたリース!とてもいい香り☆


イギリスのサイトでは↓こんな説明がありました(元のリンクはこちら

Christmas Markets in the UK were very popular until Oliver Cromwell banned the celebration of Christmas in the fashion people had become used to and this affected the Christmas Markets which died out instantly. There were of course many markets in Britain during the Victorian era which would sell Christmas related products and foodstuffs in the run-up to Christmas but they were not known as Christmas Markets.
Lincoln in the East of England was the first UK Christmas Market to be revived and from small beginnings is now in its 30th year.
UK Christmas Markets often have continental themes bringing over French, German or Italian traders. There are traditional German markets in Birmingham, Bournemouth, Leeds, London, Glasgow and Oxford..
Christmas Markets in the UK can be found in all sorts of venues ranging from town centres to stately homes. Some happen just over a weekend and others last for six weeks or more.


リンカーンのクリスマスマーケットが、(前にも書きましたが)一番古いってことですね。

朝の準備時間に朝の運動がてら、夜友達と課題提出を祝ってちょこっと行ってみたので、様子をご紹介いたします。

まだ閉まっている・・・。

私は学校に行く前にちょっくら行って、朝早すぎてまだマーケットあいていなかった。ちなみに、ちゃんと調べるとクリスマスマーケットは朝10時ころからやっているのですが、メインは夜のようです☆夜になるとたくさんの方が会場へ向かったおりました☆朝は、私のように失敗する人と準備しているお店の人と、警備の方だけでした。

いつもはない、大きな看板が!


この期間は、大聖堂は、ドネーション(寄付)で入れます、自分が好きな金額を入れるようです(目安は3ポンドって書いてあった、こういうのも必要ですよね、相場わからないと悩むもんね)。

Donation

お願いごとを書いた紙が結んでありました。

絵馬みたいなものですかね。


早すぎた。そして、日本の屋台よりしっかりした気の作り。
3匹のこぶたを思い出す。。。風が強いのでこれだと安心。


リンカーンのハイストリートという通りをずーっと登っていくとメイン会場があるのですが、
その途中にもテントの会場がありました。


夜になると、たくさんの人が会場を訪れておりました。

お城の敷地内


会場は思ったよりも広く、大聖堂、お城、そしてその周辺一帯と、見て回るところがたくさん!そして、たくさんの人でにぎわっておりました。

豪快なHot dog屋さん!大きなBBQ!くるくる回っておりました。

パンとソーセージと、上に乗っているのはチーズではなくてオニオン。

3ポンド約600円。

店員さんはパンに焼きたてのソーセージを挟んでくれます。そして、支払いを済ませたら、あとのトッピングはセルフです。ケチャップ、マスタード、チリ、オニオンを自由に乗せていきます。

オーナメント!

お店ではクリスマスグッズをたくさん売っておりました。


ケーキ

サンタが来るまでをあと何回寝ればいいか数える飾り☆

チョコは、ジーンズをきつくする。。。


サンタのシャンメリーみたい☆かわいい

まさかのBaronもサンタコスチューム


コッチに来ていつもひかれてしまうかわいい板チョコ!
1枚700円。でも3枚使うと2000円。

これもかわいい!

チョコレートです!!

カメラ!!1000円くらい完全に贈答用で、箱に詰めてくれます☆

本物の木で作った引き出し!これはかなりかわいい!

キャンドルもたくさん。

お母さんにはこれを上げましょう!
(割れちゃいそうなので私は買いませんでした。)



移動遊園地も現れました!
1つ当たり1000円くらいで楽しめます。


これはほんの一部ですが、リンカーンのクリスマスマーケットでした!30年の歴史あるクリスマスマーケット、歩くだけでも珍しいものがたくさんで楽しいです☆そして、年末の浅草のように人は混んでおりません。ものを買うのもそれほど並ばなくって買えるので、UKにお越しの際は、是非訪れてみてはいかがでしょうか?

天気が良くてよかったな☆

リンカーンに興味を持ってくださりありがとうございます。
『読みました』のコメントの代わりに下のアイコンをぽちっとあるいはGoogle+やツイッター@Linco_UKをぽちっと応援してくださると助かります。ツイッターはフォローしてくださると、更新情報や、イギリスの情報など、ちょっとしたつぶやきを見ることができると思います。もしよろしければ、フォローしてみて下さいね。

このブログが少しでも皆さんの役に立ちますように。 Linco





コメント

Taka さんの投稿…
以前にも一度コメントしたTakaです。リンカーンのクリスマスマーケット情報楽しみにしていたので記事がアップされて嬉しいです。もしかしたら自分も来年のクリスマスはここに行けるのかもしれないと思うとワクワクします。りんこさんのブログを見てリンカーン大聖堂に行くのが渡英後の一番の楽しみになりました。
ブログに載せてあるリンカーンの写真などを見て全然田舎に見えないし、先月出張でリンカーンに行った夫も都会で落ち着かなかったと言っていたので自分の出身地の人口密度を調べてみたら65.5人/km²でした(笑)これからもブログ楽しみにしています!
Linco りんこ さんの投稿…
Takaさん
コメントありがとうございます。嬉しいです!大聖堂は、世界でも2番目に高い教会のようですよ!Wiki情報ですが・・・。
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_tallest_church_buildings_in_the_world
歴史も古くて私は何回行っても飽きません。
ブログをやる前に検索したLincolnの情報は”小さい街”というフレーズしか出てこなくて、イメージが田舎だったのですが。実際は街の中心は予想以上に都会でした。
リンカーンシャーではなくここの小さな街リンカーン市だけの人口密度を計算してみたところ、3,350人/km2でした。