#007 アザラシ救護施設?in Skegness

9月の授業が始まる前の1週間の休みにバスで日帰りでいける観光地。
Natureland Seal Sanctuaryネーチャーランドシールサンクチュアリに行ってきました。


日本語に訳すとアザラシ救護?保護?施設。しかし


日本の「救護施設・保護施設」というイメージではなく、アザラシがメインの水族館と動物園を足して2で割ったような施設でした。



んっ?


Seal(シール)はアザラシ、アシカ、オットセイなどの海獣の総称。ここにはアザラシしかいませんでした。(今だけかもしれないけど。。。それともイギリスにはアシカやオットセイはいないのかしら?)



入場料は大人は£8.00ですが私は学割で!!£6.4 (1600円が1300円くらい。)

イギリスの施設は(リンカーンは?)結構学割ききます!(学割については#006をご覧ください。)



この施設はSkegness(スケグネス)という海岸沿いの街にあります。
なんだか、ロサンゼルスを思い出すような街ですね。

なんだか色が鮮やか

街についてはまた今度

シールサンクチュアリには、Animal Hospitalも併設されていて、ど真ん中にどどーんと見学出来るような形で、設置されていました。



幸運なことに、病院内にアザラシはいませんでした。(つまりみんな元気!)


みんなのんびりおよいでるー。
癒されますね。

トイレの標識もかわいい。

海の動物だけでなく、何と
アルパカも
夏だからか、丸刈りされていました。


似てる。

ヤギも

ミーヤキャットも

ターキーこと七面鳥も

日本のマークをつけた鯉も

鯉(カープ)

ヤギの餌をねらう、野生のハト

羊さんも

そんなたくさんの動物もいました。
加えて、鳥、植物園+蝶々と爬虫類館も併設されていました。


前向き、この姿勢は楽なのかなぁ。
足で立っている感じ。
この格好を5分くらいして、人間を観察していました。


後からみてもかわいい。

動物園ととらえると大きいとは言えない施設ですが、

アザラシ保護施設として考えると、他の動物が多種多様にこんなにもたくさんいるのね!とちょっと驚きました。

ぜひ興味がある方は、行ってみて下さい。



『読みました』のコメントの代わりに下のアイコンをぽちっとあるいはGoogle+やツイッター@Linco_UKをぽちっと応援してくださると助かります。ツイッターはフォローしてくださると、更新情報や、イギリスの情報など、ちょっとしたつぶやきを見ることができると思います。もしよろしければ、フォローしてみて下さいね。

このブログが少しでも皆さんの役に立ちますように。 Linco




コメント