#136 イギリスの春の花 (Grange湖水地方)

イギリスと言えば、British gardenが人気ですよね。
広いお庭にたくさんのお花が植えられて、きれいにされているイメージ。
田舎に行くと、多くのご家庭で、園芸を楽しまれている気がします。
でも、春となると、日本と同じで、庭だけでなくたくさんの植物が咲き誇ります。

日本と同じく、桜も
あちこちで見かけます。

でも日本ほど、SAKURAに愛着があるわけでないので、ただ植わっているという印象。剪定はされていない。。。それでも桜は桜なので、Lincoは見つけるとテンションが上がります。

イギリス人は「サクラだね。日本人好きなんでしょ?」「日本の桜はきれいなんだろなー。」って感じで目の前に咲いている桜に対して特別深い関心はなし。

やはりイギリスで人気な花はバラなのかしら。

(過去ブログはこちら:英国のバラの話をお花屋さんから聞いた

今日は、道を歩いていて見つけた花をちょこっとご紹介したいと思います。

もくれん

白いスイセン

スイセンはイギリスのどこでも春になるとたくさん咲いていて、とてもポピュラー、桜よりもこっちの方がイギリス人にとっては春の訪れを告げるお花のようです。

黄色いスイセン

テニスコートの前にも
ちょっと変わったスイセン


もちろんタンポポも


チューリップ

名前わからない。。。
黄色い小さい花

八重桜

今日は青空

イギリスには広ーい公園がたくさん

犬走り回り放題です

ちなみいくら芝がきれいでも
ゴルフは禁止。

ゴルフはゴルフ場でやりましょう。


ちなみに今回の写真は湖水地方
Grange over sandsの写真です。
リンカーンではありません。。。


今回もブログを覗いてくださいまして
ありがとうございます。


イギリスのお花に興味が湧いたという方は、下のアイコンをぽちっと押して、
応援してくださると勇気がわきます。 Linco
 [社会人留学]









コメント