#056 イギリスの地震について

14日の夜に熊本で起きた、震度7…かなりの揺れだったと思います。実際私も2011年の震災の際には6強を経験いたしました。前回は津波の被害が多かったため、津波の心配なしとの報告が何よりです。日本の建築基準法で、建物は壊れてもいいが、倒れないように作られているため、震度には強いのが何よりです。


これぐらいの規模の地震が、他の国であったら、多くの建物が崩壊していることでしょう。特にヨーロッパは古い建物が多く残っております。築1000年の建物がゴロゴロしております。もちろん補修はしておりますが、日本のような地震があったら、崩壊もするかもしれません。

私のUK地震体験ですが、2015年夏から住んでおりますが、いままで一度も経験したことがありません。UKと日本は同じく列島諸国ではありながら、プレートのはざまでで隆起してできた日本のような国ではなく、ヨーロッパからたまたま離れた陸地なので、地震は日本のように頻繁には起こりません。また、土地も日本のように山々が続くわけではなく、アメリカのように平らな土地が広がっております。イギリスに住む私の友達は今回のニュースを聞いて、さぞかし怖い思いをしているだろうと、みんな心配しております。

http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-36045140

震災にあわれた皆様、ライフラインなど、日常の生活に戻るには時間がかかるかと思いますが、被災されている方々の皆様の安全を祈っております。

3.11についてはこちら



[社会人留学]

コメント